🔍︎サイト内検索をご利用ください。絵本のレビューをご覧いただけます。

【感想】「ゆすってごらんりんごの木」3分で分かる!対象年齢やあらすじ、子供の反応も紹介します

ゆすってごらん りんごの木

「ゆすってごらん りんごの木」ニコ・シュテルンバウム 作/中村智子 訳 (出版:サンマーク出版)
⌚この記事は3分で読めます

「実の重さで傾いたリンゴの木、リンゴを落とすとどうなるかな?」

かや

最初のページが、まるでニュートンのリンゴの木のように見えました。
小さな子供でも、物理的な法則が理解できる絵本です。

この記事のポイント
  • 本のあらすじや対象年齢が分かる
  • 実際の子供の反応を紹介
  • 実感した絵本の効果を紹介

遊びながら学べる絵本「ゆすってごらん りんごの木」について、以下の点を紹介します。

この記事を書いている人
目次

絵本の基本情報

対象年齢・レビュー

楽天ブックス
¥1,210 (2022/09/23 19:40時点 | 楽天市場調べ)
\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場

ページ数:60ページ
*対象年齢:1~6歳
*文字数:少なめ
おすすめ度:
テンポの良さ:

*対象年齢、★は当サイト独自の考えです。
*文字数は本サイトの対象年齢と比較したものです。

日本ではあまり知られていませんが、ドイツでは大人気ベストセラー作品です。

ページ数は多いですが、話は4ページ毎に完結していくので、病院の待ち時間など、ちょっとした空き時間にも活用できます。

あらすじ

『あらあら、かわいそうな りんごの木 あたまが おもいのね ゆすって りんごを おとして あげないと さあ、ほんを ふってみよう』(2pより引用)

リンゴの木になっているリンゴの重みで、リンゴの木は傾いています。
本を振ってみましょう。

ページをめくると、木からリンゴが落ちて、リンゴの重みで曲がっていた木はまっすぐに立っています。

綿毛に息を吹きかけて綿毛を飛ばしたり、ロケットの発射ボタンを押したりと、子供のいたずら心をくすぐりながら、遊んで学べるページが続きます。

最後はうさぎさんの寝かしつけです。
絵本を抱っこしてゆーらゆら、うさぎさんが寝たら、起こさないように本を静かに閉じて、そうっとしまいましょう。

親子で一緒に遊べる、体験型の絵本です。

子供の反応・感想

「なんだこれ!?こんな絵本、見たことがない!」ページをめくるたび、ワクワクが止まりませんでした。
次は「どんな仕掛けが待っていて、どんな結果になるのかな?」と、いろんな想像が掻き立てられます。

絵本のなかには、卵を転がすために絵本を傾けるページがあります。
物理的な法則で、右に傾けなければならない事が、小さい子供でも視覚的に理解できます。
そのような遊びながら考える、学びのページがいくつもあります。

絵本の仕掛けを自分で解決していくことで、娘に自信が付いたように思いました。

かや

「物を傾けると傾けたほうに転がる」、「物は落ちる」のような物理的な法則が、この絵本を読むと小さい子供でも簡単に理解することができます。

実感した効果

楽天ブックス
¥1,210 (2022/09/23 19:40時点 | 楽天市場調べ)
\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場
実感した効果
  • 自分で考える力が身につく
  • 想像力が豊かになる

💡 自分で考える力が身につく

学習用ドリルも、子供に考えさせる力を身に着けさせるものは多いですが、「遊び」の要素が少ないため、子供の自主性に欠けがちです。
その点、この絵本は遊びの先に学びがあるため、自主的に考えだします。

かや

育児をしていて思うのは、学習には「本人のやる気」が極めて重要です。
この絵本は、「遊び」に焦点を置いて、その先に学びがあるため、子供は遊び感覚で学ぶ事ができます。

💡 想像力が豊かになる

この絵本は、考えさせるページがあるだけでなく、子供が考える時間を持てるような構造になっています。

例えば、「リンゴの重みで傾いたリンゴの木」のページの絵本を振ると、どうなるでしょうか。次のページにめくるまで答えが出てきません。
そのため、その間に子供は「どうなるのかな?」と考える事ができます。

かや

絵本を読むたび、子供の珍回答が返ってきました。
2歳の娘が「リンゴがこっちに飛んでくるかもしれない!」と答えてきたのが衝撃的でした!

親子で、「どうなるかな?」「こうなるかもしれないね」なんて会話をしながら、コミュニケーションが取れたら素敵ですね♪

まとめ

「ゆすってごらん りんごの木」をまとめるとこんな絵本です。

  • 1~6歳を対象にした絵本です。

  • りんごの木(絵本)を振ったり、ロケットのボタンを押したりして遊びながら学ぶ絵本です。

  • 絵本を読むと遊びながら様々な経験や体験を学ぶことができます。
かや

「これをしたらどうなるのかな?」
子供の疑問の先を、遊びながら学習することができます。

イタズラ盛りの子供の好奇心を、この絵本で学びながら満たしてみませんか?

「ゆすってごらんりんごの木」をamazonで見る
「ゆらしてごらんリンゴの木」を楽天で見る

*本記事はすべて、個人の感想とレビューです。

ゆすってごらん りんごの木

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次